読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイ・トレンド

私が、今、興味があることについて書いていきます。

<トランプ氏>選挙後初の会見 「最多の雇用生む大統領に」

アメリカ史上、最低の大統領かも。

 

【ニューヨーク西田進一郎】トランプ次期米大統領は11日午前(日本時間12日未明)、ニューヨークの「トランプタワー」で記者会見を開いた。会見を開くのは昨年11月の大統領選で勝利した後は初めて。トランプ氏は、米自動車大手フォード・モーターなどがメキシコ工場建設計画の撤回や米国内工場増強を発表したことに「感謝する」と述べ、「私は最も多くの雇用を生み出す大統領になる」と強調した。

 トランプ氏はまた、「米ゼネラル・モーター(GM)も続くことを期待する」として新たに圧力をかけた。「多くの人々がこれに続き、多くの産業も戻ってくる」と述べ、製薬など他の産業にも米国回帰を求める考えを表明した。

 トランプ氏は、昨年の大統領選へのサイバー攻撃にロシア政府が関与したとされる問題について、「ロシアがやった」と述べる一方で、「私自身はロシアと一切、取引をしていない」と強調した。また、ロシアとは過激派組織「イスラム国」(IS)との戦いで協力する必要があることも指摘。「プーチン露大統領と仲良くできるか分からないが、そうしたいと思っている。そうできるチャンスはある」と述べた。

   また、自身は事業から手を引き、息子2人に引き継ぐことも明らかにした。

 トランプ氏は大統領選中から、主要メディアを「最も不誠実な人たち」などと酷評し、自身に批判的な記事についてはツイッターなどで「口撃」してきた。一方、トランプ氏がツイッターで一方的な発信を続ける手法には批判も出ていた。トランプ氏が最後に公式な記者会見をしたのは、ほぼ半年前の昨年7月27日。最近の歴代大統領は、大統領選が終わって就任するまでに数回の記者会見をしている。トランプ氏は今月20日の大統領就任の10日前まで記者会見を開かなかったことになる。

ピコ太郎 今年最初の新曲発表!ダンサブルな「I LIKE OJ」

今年も大きく羽ばたくか。

 

 昨年大みそかの「第67回NHK紅白歌合戦」にも企画枠で出場したピコ太郎(自称53)が7日、YouTubeで今年初の新作「I LIKE OJ」を発表した。

   1分22秒の動画で、全編英語。「2017年1発目のド新曲!ただ、好きなものを好きと言う!それが良いよね?好きなものをもらうと、うれしい!そしたら踊っちゃうよね?!そう、それがダンスミュージックよね?私はOJがだーーいすき!」とコメントしている。

今年から本格的にやってみるかな。

ここ、数年、ビックレース(GⅠ)しか馬券を買ってなかったんですが、今年からクラッシックロード中心に毎週、やってみようかなって考えています。

1月5日分はまにあわず。

で、今日。

1回中山2日9R寒竹賞:ハズレました。

1回京都2日9R福寿草特別:ハズレました。

さてさて。

ソフト使用疑惑「不正の証拠ない」

こちらの第三者委員会はまともでした。

 

 将棋棋士の三浦弘行九段(42)が対局中に将棋ソフトを使用した疑惑が浮上し、年内の出場停止処分になった問題で、日本将棋連盟が調査を委嘱した第三者委員会(委員長・但木敬一弁護士)は26日、調査報告書を同連盟に提出、東京・弁護士会館で記者会見して調査結果を説明した。三浦九段が不正行為に及んでいたと認めるに足りる証拠はないと判断した、としている。

 第三者委員会が公表した報告書の概要によると、三浦九段が対局中に将棋ソフトを使用したとする疑惑の根拠として指摘された点は、いずれも証拠価値が乏しいもので、不正行為に及んでいたと認めるに足りる証拠はないと判断。一方、連盟の出場停止処分の妥当性については、「疑惑が解消されないという非常事態における措置として、規律権限の範囲内にあり、当時の判断としてはやむを得なかった」とした。

 委員会は「将棋連盟は、三浦九段を正当に遇し、その実力をいかんなく発揮できるよう、諸環境を整え、一刻も早く将棋界を正常化されるよう要望する」などと提言している。【最上聡】

SMAP意志固く…紅白出ない!別れ告げずに解散へ

残念なニュースです。

 

 今月末で解散するSMAPが大みそかのNHK紅白歌合戦出場を辞退したことが22日、分かった。1月の解散騒動以降、メンバーはグループ活動に前向きになれない状態が続いていた。先月末発表の出場者リストに入っていなかったが、NHKは粘り強く交渉を続けると明言。ファンの間ではサプライズ出演を期待する声も上がっていた。26日のフジテレビ系「SMAP×SMAP」最終回に生出演しないことも決定。今後、SMAP5人がそろう機会は事実上消滅した。

 関係者によると最近になって、SMAPが所属するジャニーズ事務所がNHKに対し、メンバーの意思を尊重する形で、出場辞退を正式に申し入れたという。

 11月24日に発表された出場者の中にSMAPの名前はなかった。しかし担当プロデューサーは「最後の最後までお願いしたいと思ってます。具体的な交渉期限は決めていません」と熱烈なラブコールを送り、ギリギリまで吉報を待つ異例の状況になった。ファンの間でもサプライズ出場を期待する声が上がっていた。

 今年1月に解散騒動が表面化した。メンバー5人は「SMAP×SMAP」生放送でファンに謝罪し、グループ存続を表明。騒動はいったん収束したかに見えたが、8月になって年内で解散すると発表した。12月31日をもって解散としたことから「紅白歌合戦が最後のステージになるのでは」などと言われた。NHKも秋からジャニーズ事務所と出場交渉を重ねた。関係者を通じてメンバーにもその熱意は伝えられた。

 しかしメンバーは、5人そろっての活動に前向きな姿勢を示さなかった。ファンイベントなど25周年プロジェクトのプランを提案されても消極的で、ジャニー喜多川社長(85)が個別面談や全員面談に乗り出す異例の事態に発展。ジャニー氏が「(出演依頼があれば)紅白には出よう」と説得したこともあった。所属事務所スタッフは、紅白についてもメンバーと話し合ってきたが、5人の気持ちが動くことはなかった。「SMAP×SMAP」最終回もフジテレビが生出演を熱望したが、所属事務所が断った。

 紅白辞退が決まり、5人そろって歌う姿が見られるのは「SMAP×SMAP」最終回で放送予定の「世界に一つだけの花」が最後となる。今月1日に行った収録では歌い終えた瞬間、中居はスタッフに背中を向けて号泣。他のメンバーも涙をこらえていた。5人はSMAPとしての最後の歌唱と決めていたようだ。

 26日の最終回生出演がなくなり、紅白辞退も決まったことで、5人が顔をそろえる機会は消滅した。タモリ(71)をゲストに迎え、今月8日に行った同番組収録が5人で行った最後の仕事となった。関係者によると「最後のあいさつ」の収録は行われていない。希代のアイドルグループは、5人そろってファンに別れを告げることなく、解散の時を迎えようとしている。

交通事故死の男が事件関与か 7年前の島根女子大生殺人

まるで、刑事ドラマみたいです。事件、解明できてよかった。

 

 島根県立大1年生の平岡都(みやこ)さん(当時19)の遺体が2009年11月に広島県北広島町の臥竜山(がりゅうざん)で見つかった事件で、発見直後に交通事故死した男が事件に関与した疑いがあることが捜査関係者への取材でわかった。広島、島根の両県警合同捜査本部は慎重に調べを進めている。

 捜査関係者によると、男は平岡さんの遺体が見つかった直後の09年11月に交通事故で死亡。男の周囲から事件後の平岡さんとみられる画像データが見つかり、捜査本部が関連を捜査していた。死体遺棄容疑は12年に公訴時効(3年)を迎えており、捜査本部は時効のない殺人事件として捜査を続けていた。

 これまでの調べでは、平岡さんは09年10月26日午後9時すぎ、島根県浜田市内のショッピングセンターでアルバイトを終えてから行方不明になった。島根県警は同11月2日に公開捜査に踏み切ったが、4日後に臥竜山で遺体の一部が発見された。