読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイ・トレンド

私が、今、興味があることについて書いていきます。

将棋連盟の新会長に佐藤康光九段 「将棋界の信頼回復に努める」

ピックアップ

とにかく、頑張ってもらいたい。

 

 日本将棋連盟は2月6日、佐藤康光九段が会長に就任すると発表した。三浦弘行九段の将棋ソフト不正使用疑惑をめぐり、会長職を辞任する谷川浩司九段の後任として「将棋界の信頼回復に努める」(佐藤九段)という。

 同連盟は1月18日、谷川九段が会長職を任期途中で辞任すると発表。三浦九段が対局中に将棋ソフトを不正に使った疑いへの対応をめぐり混乱を招いたことや、自身の体調不良を辞任の理由に挙げていた。

 これを受け、連盟は2月6日に将棋会館(東京都渋谷区)と関西将棋会館(大阪市)で臨時総会を開き、谷川九段の後任として佐藤九段を選出した。佐藤九段は今年6月の通常総会まで、谷川九段が務める予定だった任期を引き継ぐ。

 佐藤九段は、名人2期、棋聖6期などタイトルを通算13期獲得しているトップ棋士。連盟のWebサイトに掲載された就任の挨拶文によれば、疑惑が否定された三浦九段の名誉回復や、将棋界の信頼回復に努め、対局規定を見直すなど「時代に即して変えるべきところは変え、残すべきところは残す」との方針を明らかにしている。