読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイ・トレンド

私が、今、興味があることについて書いていきます。

三浦九段4カ月ぶり復帰 羽生王位と対戦

 将棋ソフトの不正使用疑惑で出場停止処分を受け、後に第三者調査委員会の調査で疑惑が晴れた三浦弘行九段(43)が13日、東京・将棋会館で復帰戦に臨んだ。竜王戦1組ランキング戦1回戦の対局で、相手は羽生善治王位(46)。対局は、昨年10月3日の名人戦A級順位戦の渡辺明竜王(32)との対戦以来、約4カ月ぶり。

 この日が誕生日の三浦九段は朝、大勢の報道陣が待ち受ける対局室に入室した。三浦九段から事前に「ソフトとの指し手の一致を疑われるのは嫌なので、私だけでもボディーチェックをしてほしい」との要望が出されたため、対局前に別室で金属探知機などによる検査を実施。羽生王位も希望し検査を受けた。両者とも電子機器は持参しなかった。

 対局は午前10時開始。両者とも表情は緊張気味。盤側では佐藤康光日本将棋連盟会長が見守った。記録係が定刻になったことを告げると、羽生王位が初手7六歩をすぐに指し、三浦九段は2分考え8四歩と指して、持ち時間各5時間の対局が始まった。

 特別措置でA級残留が決まっている順位戦は、6月ごろに始まる来期第76期から復帰する。この後、王座戦予選などの対局が控えている。【山村英樹】