マイ・トレンド

私が、今、興味があることについて書いていきます。

サウジなど6か国、カタールと断交…緊張高まる

イスラムはまるでわからない。

 

 【カイロ=倉茂由美子】サウジアラビア、バーレーン、アラブ首長国連邦(UAE)などイスラム圏の6か国は5日、カタールと国交断絶すると発表した。

 各国はテロリストへの支援やイランとの関係などを断交の理由にあげているが、カタールとは従来、協力関係を重視してきた。日本もエネルギーを依存するペルシャ湾岸地域で急速に緊張が高まった。

 断交したのは湾岸の3か国のほかエジプト、イエメン、モルディブ。リビアの東部地域を支配する政治勢力も断交を宣言した。

 ロイター通信によると、サウジ、バーレーン、UAEは国内に滞在するカタール人に2週間以内に国外へ退去するよう求めた。またイエメン内戦を巡り、サウジ主導の連合軍からカタールを除外する。

戦うほどに強くなる!中学生将棋棋士・藤井聡太四段、脅威の成長力を実力派棋士が証言

 新たな天才と呼ばれる将棋の中学生棋士・藤井四段で注目すべきは、脅威の成長力だった。デビュー以来、無敗のまま20連勝を続けている藤井聡太四段(14)の評価は日を追うごとに増すばかり。最近では対局中に食べた昼食やお菓子が人気となり、幼少期に遊んだおもちゃが売り切れるなど、「藤井フィーバー」が巻き起こっている。そんな中、先輩棋士たちの間で注目されているのが、戦うごとに強くなる成長力だという。現在、羽生善治三冠(46)と棋聖戦五番勝負を戦っている若手実力者、斎藤慎太郎七段(24)はAbemaTVの特別対局で、藤井四段と対戦した1人。藤井四段が奨励会時代にも対局した経験を持つ斎藤七段に、天才棋士について聞いた。

 昨年12月のデビュー戦以来、プロ棋士になって負け知らずの藤井四段だが、もちろん負けたことがないわけではない。むしろ昨年の今ごろも負けていた。四段昇格前に所属する奨励会の三段リーグにおいて、最終成績は13勝5敗。2013年度の三枚堂達也以来の1期抜け、そして14歳2カ月の歴代最年少プロ誕生と、それだけでも十分な話題となったが、事実5回負けている。藤井四段がプロ入りする前、非公式の練習対局で戦った斎藤七段は「今とその時とは全然違う」と、現在との実力の違いを明言した。

 デビュー当初の印象のままなら、いずれ誰かが連勝を止めていた。それが、戦うごとに違う「藤井四段」が出てくるから、底が見えず誰も止められていない。斎藤七段は「ここまで勝つとは思わなかった人も多いと思います。紙一重で勝ったということもあったかもしれないですが、あのメンバーにこれだけ連勝する人は、トップ棋士でもいないです」と脱帽した。実力を兼ね備えていても、緊張する対局を続けていけば正解手を指し続けるのは難しいもの。一手のミスで星を落とす、そんなレベルの戦いだ。その中で大記録を樹立していることが、周囲の棋士たちを驚かせている。

 デビュー当初の印象のままなら、いずれ誰かが連勝を止めていた。それが、戦うごとに違う「藤井四段」が出てくるから、底が見えず誰も止められていない。斎藤七段は「ここまで勝つとは思わなかった人も多いと思います。紙一重で勝ったということもあったかもしれないですが、あのメンバーにこれだけ連勝する人は、トップ棋士でもいないです」と脱帽した。実力を兼ね備えていても、緊張する対局を続けていけば正解手を指し続けるのは難しいもの。一手のミスで星を落とす、そんなレベルの戦いだ。その中で大記録を樹立していることが、周囲の棋士たちを驚かせている。

 デビューから半年も経たないうちに、どんどん藤井四段自体がバージョンアップするのだから、対戦する方はたまらない。「現代の将棋にもマッチしています。もともと中学生らしからぬ落ち着きは目立っていましたが、ここ1年、2年で仕掛けのスピードが早くなった将棋にも、しっかり対応しています。仕掛けを急ぐあまりに暴走して攻め過ぎる人もいますが、藤井四段の場合はいったん落ち着けるところもあります」と、戦いに中での緩急もつけられているという。

 猛烈な成長速度で強くなったきっかけは、奨励会時代では味わえなかった実戦経験にもあるという。公式戦で年齢、格ともに上の棋士たちを倒し続け、AbemaTVの対局企画「炎の七番勝負」では、羽生三冠、斎藤七段を含む6人を撃破。「あの七番勝負もいい経験、自信になっていると思います」と分析した。先輩たちと戦う度に何かを吸収し、発見し、強くなる。次に相対する時は、別人の藤井四段になっている。

 将棋界に明るい光を照らす新星だが、より輝かせるためには先輩棋士たちが壁となって立ちはだかることも必要だという。「あのスター性は実力で勝ち取ったもので率直すごいと思うし、あの活躍ぶりをうらやましいとも思います。ただ、彼が成長する上でずっと勝ち続けるのはよくないことかもしれない。彼の成長のためにも、今の状況や連勝を現役棋士は止めないといけないんだと思います」と、笑顔で話し続けていた斎藤七段も、この時ばかりは鋭い目つきで答えた。

 加速度的な成長が止まらない藤井四段と、壁になって立ちはだかろうと努力する先輩棋士たち。天才中学生棋士は、自らだけでなく将棋界全体のレベルすら引き上げる事態を起こしているのかもしれない。

将棋界に34年ぶり新タイトル 「叡王戦」が昇格

うれしいニュースです。

 

 日本将棋連盟と動画サービス「ニコニコ生放送」を運営するドワンゴは20日、兵庫県姫路市内で「叡王戦」(ドワンゴ主催)をタイトル戦に昇格させることを発表した。将棋界に新たなタイトルが発足するのは34年ぶり。将棋界7大タイトル(名人・竜王・棋聖・王位・王座・棋王・王将)が8大タイトルとなる。

 新タイトルの第3期叡王戦は6月から段位別予選が始まり、11月からは16人が本戦トーナメントを戦う。来年3月から勝ち上がった2人が決勝7番勝負を行う。第2期叡王戦の優勝者佐藤天彦叡王はシードされ、本戦から出場する。
 この日、姫路城で開催された第2期電王戦最終第2局の終局後に発表された。会見に出席した日本将棋連盟の佐藤康光会長は「いままで以上に注目していただける舞台をということでタイトル戦に昇格させていただきました」と語った。
 ドワンゴの川上量生会長は「34年ぶりのタイトル戦ということで光栄に思っています」と話した。

 

錦織とダブルス組んだ三橋が永久追放 八百長で罰金約560万円

やはり、ですね。

 

 テニスの不正監視団体のTIUは16日、元プロの三橋淳(27)に永久追放処分と罰金5万ドル(約560万円)を課すと発表した。三橋は16歳以下の国別対抗戦、ジュニア・デビス杯の日本代表にも選ばれたことがあり、05年大会では錦織圭(27=日清食品)とともにダブルスで活躍した選手だった。

 TIUによれば、三橋は15年11月に南アフリカで行われたツアー下部のフューチャーズ大会で、自分の元コーチを通じて対戦相手に八百長をもちかけた。八百長の見返りはシングルスで2000ドル(約22万円)、ダブルスで600ドル(約6万8000円)だったという。

 同12月のナイジェリアの大会では、今度は相手に直接、八百長を持ちかけた。それ以外に同年の10月から11月にかけて、選手は禁止されているテニスを対象とした賭博を76回も行っていたことも判明。TIUは再三、聞き取り調査及び弁明の機会を与えようとしたが、三橋本人がこれを拒否し、処分が決定された。

 三橋は09年の全日本選手権では4強入りし、フューチャーズでは通算6勝を挙げた。世界ランキングは09年にマークした295位が最高で、15年11月の1997位を最後にランキングは消滅している。日本テニス協会への選手登録も16年以降は更新していない。

 TIUはテニスの不正撲滅を目的に08年に設立された組織で、日本人が処分を受けるのは初めて。

プエルトリコが破産手続き、債務8.4兆円-米自治体で過去最大

アメリカで起きることは10年後日本でも起きる可能性があります。

 

米自治領プエルトリコは3日、財政破綻に伴い債権者からの保護を求める法的手続きに入った。米国の自治体の債務整理としては過去最大規模となる。

プエルトリコは債務の全額は返済できないとしており、プエルトリコ債の保有者が損失を被るのは確実な情勢。米国で昨年成立したプエルトリコ支援法の手続きに沿って、プエルトリコは連邦裁判所の管理下で約740億ドル(約8兆3600億円)相当の債務の再編を目指す。

リカルド・ロセジョ知事が発表後、サンフアンの連邦裁判所に破産手続きの申請が行われた。同知事らは主要債権者に対し、債務減免を受け入れるよう説得に努めたが失敗し、プエルトリコは一連のデフォルト(債務不履行)に伴う新たな訴訟に直面した。プエルトリコ債の約3分の1はヘッジファンドが保有している。

ドルトムントを狙った”標的型攻撃”。タイヤ爆発で窓破損。現場近くに謎の手紙も

またか。

 

 現地時間11日に開催される予定だったチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のドルトムント対モナコの試合前、ドルトムントのチームバスが爆発事件に巻き込まれたことで試合が延期となった。その続報を英メディア『BBC』が報じている。

 同メディアによると、今回の爆発事件はチームを狙った”標的型攻撃”だったという。ホテルからスタジアムへ向かって出発した直後に爆発。バスは2箇所破損。そして、負傷したのはマルク・バルトラだけで他の選手は負傷していないとのこと。また、バルトラは手首の骨を折っており手術した。

 3つの爆薬が爆発したが、そのうちタイヤに仕掛けられた爆弾が爆発したことにより窓ガラスが破損した。さらに現場近くには手紙が落ちており現在事件との関連性を調べているようだ。

<ロシア>サンクトペテルブルクの地下鉄で爆発、10人死亡

日本に飛び火しなければよいのですが。

 

【モスクワ杉尾直哉】ロシア第2の都市で北西部のサンクトペテルブルクで3日午後2時40分(日本時間同8時40分)ごろ、走行中の地下鉄車両で爆発が起きた。スクボルツォワ保健相によると少なくとも乗客ら10人が死亡し、子供を含む47人が負傷した。露国営テレビによるとプーチン露大統領はこの爆発について報告を受け、原因に関し「テロを含むすべての可能性」を考慮すると述べた。メドベージェフ首相は事件について「テロ行為」と言及した。

 今のところ犯行声明などは出ていない。プーチン氏はこの日、ベラルーシのルカシェンコ大統領との会談のため、サンクトペテルブルク郊外に滞在していた。
 爆発が起きたのは、サンクトペテルブルク中心部の地下鉄センナヤ広場駅と工科大学駅の間。インタファクス通信などによると、爆発で多数の金属片がまき散らされたという。また、地下鉄の監視カメラに爆発への関与が疑われる人物が映っていた。国家テロ対策委員会は、サンクトペテルブルク中心部の蜂起広場駅で不発の爆発物が発見されたと発表した。同時爆破を狙った可能性もある。
 サンクトペテルブルクの地下鉄は走行を全面停止し全駅を封鎖した。在ロシア大使館によると、日本人が被害にあった情報はない。
 ロシアでは1991年のソ連崩壊後、多数のテロ攻撃が起きていた。大きなテロ攻撃としては2013年12月に南西部ボルゴグラードで30人以上が死亡して以来。首都モスクワでは10年に地下鉄で過激派による自爆テロがあり、40人以上が犠牲となった。