読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイ・トレンド

私が、今、興味があることについて書いていきます。

日本ハムが10年ぶり日本一!大谷、人生初の歓喜「うれしいです」

ピックアップ

ファンにはうれしいニュースです。

 

 SMBC日本シリーズ第6戦(広島4-10日本ハム、日本ハム4勝2敗、29日、マツダ)大谷、歓喜の日本一! パ・リーグ覇者の日本ハムが10-4でセ・リーグ優勝の広島に勝って4勝2敗とし、前身の東映時代を含めて10年ぶり3度目の日本一に輝いた。2連敗から4連勝と一気に逆襲。投打の「二刀流」で活躍してきた大谷翔平投手(22)はこの日は出番がなかったが、プロ4年目で初めてとなる日本一の味に、栗山英樹監督(55)らとともに酔いしれた。

 マウンドでできた歓喜の輪に、大谷は笑顔で飛び込んだ。6点リードの九回二死一塁、菊池の飛球が二塁手・田中賢のグラブに収まって決着。自身初の日本一だ。

「うれしいです! 最後まで勝ち抜いて、終われるのはなかなかない。いい経験ができて、よかったです」

 先発登板が予想されていたが、疲労を考慮して第7戦に回り、ベンチで代打待機した。4-4の同点で迎えた八回二死満塁。4番・中田が打席に入ると、5番に入っていた投手・バースの代打としてネクスト・バッターズ・サークルに入った。「プレッシャーをかけるようにと(栗山監督に)いわれた」。この重圧もきいたのか、中田は押し出し四球を選んで勝ち越し。そのまま打席に入ったバースの中前適時打、さらにレアードの左中間席への満塁弾で大量6点を奪い、試合を決めた。